Author: 精神病

精神病治療薬の種類

精神病の種類が様々で、精神病の種類によって精神病治療薬もいろいろな種類があります。通常、精神病治療薬と聞くと、抗精神病薬というイメージが強いですが、実は抗精神病薬は精神病治療薬の一種です。他には、精神病治療薬は抗うつ薬、抗不安薬、気分安定剤、睡眠薬などの種類があります。

抗精神病薬
抗精神病薬は主に統合失調症の治療に用いられる精神病治療薬です。抗精神病薬の作用機序での主要物質は日常的な快感を感じた時に脳内に分泌される脳内神経伝達物質ドーパミンです。抗精神病薬はドーパミン系ニューロンの病的活動を抑制することができます。それで、統合失調症の治療にいい効果があります。

抗うつ薬
抗うつ薬は脳内の神経生理学的な環境を整える、具体的には「脳内の神経伝達系」などに作用する精神病治療薬です。抗うつ薬はうつ病特有の症状を緩和する働きがあるだけでなく、また、強迫性障害やパニック障害など幅広い症状の治療に使用されることもあります。

抗不安薬
抗不安薬は日常生活の支障からの不安、緊張を和らげる薬で、「安定剤」、また「精神安定剤」とも呼ばれています。抗不安薬は抗不安作用のほかに、催眠鎮静作用、筋弛緩作用、抗けいれんなどの作用もあります。

気分安定剤
気分安定薬は、おもに躁うつ病やうつ状態という双極性障害に使われるお薬です。鎮静作用を持ち、興奮や気分の上がり下がりを少なくし、安定させる効果があるだけでなく、幻覚や妄想といった精神症状を改善させることができます。

睡眠薬
睡眠薬は、不眠症に役立つ薬です。精神病になる場合、なかなか眠れないことが多いと認められています。需要がある場合、睡眠薬を利用することが必要です。不眠症の症状によって睡眠薬はさまざまな種類があります。

境界性人格障害の症状及び治療方法

境界性人格障害とは
境界性人格障害とは、ボーダーライン人格障害とも呼ばれ、過去のトラウマ、生まれ持った環境や親子関係で起こる精神障害です。一般的な症状は感情をあまりコントロールできなく、人間関係のトラブルを起こしやすく、更に自己破壊的な行動をすることもあります。

境界性人格障害の症状
境界性人格障害の症状というと、気分の落ち込み、不安、不眠、自傷、自殺企図などの症状が見られます。対人関係の持ちにくさ、本人の主観的苦痛、社会的機能の障害などもあります。患者本人には自分が病気だという自覚が乏しく、相手が悪い、周りが悪いと思い込む傾向にあります。

通常、現実または妄想で、人に見捨てられることを強く恐れ、不安を抱いている。感情のぶれが激しく、急に怒ったり、自殺のそぶりや自傷行為に及んだりします。対人関係がうまくいかないのは、相手に対する思い込みが強いことも原因になっている場合もあります。あれほど絶賛していた人を急にこき下ろしたり、反応が両極端になるのも特徴です。

境界性人格障害の治療方法
境界性人格障害の治療方法は主に薬物療法と心理療法という2つの方法があります。境界性人格障害に対する薬物療法は、気分の落ち込み、不安、不眠、衝動行為などに対する対症療法として睡眠薬や気分安定薬、抗うつ剤、少量の抗精神病薬等を使用することがあります。また、境界性人格障害の治療は患者の心理のトラウマを解消する心理療法も欠かせません。