精神病治療薬の種類

精神病の種類が様々で、精神病の種類によって精神病治療薬もいろいろな種類があります。通常、精神病治療薬と聞くと、抗精神病薬というイメージが強いですが、実は抗精神病薬は精神病治療薬の一種です。他には、精神病治療薬は抗うつ薬、抗不安薬、気分安定剤、睡眠薬などの種類があります。

抗精神病薬
抗精神病薬は主に統合失調症の治療に用いられる精神病治療薬です。抗精神病薬の作用機序での主要物質は日常的な快感を感じた時に脳内に分泌される脳内神経伝達物質ドーパミンです。抗精神病薬はドーパミン系ニューロンの病的活動を抑制することができます。それで、統合失調症の治療にいい効果があります。

抗うつ薬
抗うつ薬は脳内の神経生理学的な環境を整える、具体的には「脳内の神経伝達系」などに作用する精神病治療薬です。抗うつ薬はうつ病特有の症状を緩和する働きがあるだけでなく、また、強迫性障害やパニック障害など幅広い症状の治療に使用されることもあります。

抗不安薬
抗不安薬は日常生活の支障からの不安、緊張を和らげる薬で、「安定剤」、また「精神安定剤」とも呼ばれています。抗不安薬は抗不安作用のほかに、催眠鎮静作用、筋弛緩作用、抗けいれんなどの作用もあります。

気分安定剤
気分安定薬は、おもに躁うつ病やうつ状態という双極性障害に使われるお薬です。鎮静作用を持ち、興奮や気分の上がり下がりを少なくし、安定させる効果があるだけでなく、幻覚や妄想といった精神症状を改善させることができます。

睡眠薬
睡眠薬は、不眠症に役立つ薬です。精神病になる場合、なかなか眠れないことが多いと認められています。需要がある場合、睡眠薬を利用することが必要です。不眠症の症状によって睡眠薬はさまざまな種類があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>