幻聴、目眩い、冷や汗精神病の特徴説明

「精神病」は、妄想、幻覚、解体した(まとまりのない)会話、解体した(まとまりのない)行動などにより、思考や行動、感情を1つの目的に沿ってまとめていく能力、すなわち 統合する能力が長期間にわたって低下し現実検討が著しく障害される疾患を示し、こうした病状を精神病病状、こうした特徴を精神病性という。精神病という語はDSM-III以降使用されなくなり、昨今の日本でもスティグマを伴う言葉であるため、現在はあまり使用しません。しかし、形容詞的な精神病性という使い方や、精神病病状という使い方は現在でも広くなされている。

>>抗うつ剤通販|精神安定剤

今日では、精神病病状を主徴とする病態を精神病性障害と呼ぶ。もっとも英語圏では、psychosisという語は疾患名ではなく、上記の病状を呈する「精神病状態」という状態像診断として、再び頻用されるようになっている。たとえば、first-episode psychosisとは経過の中で初めて発現した精神病状態を示す。精神病病状は、脳疾患、薬物中毒などの身体疾患によって生じる場合もあれば、統合失調症などの基盤とする身体疾患が未だ不明とされる精神障害によって生じる場合もある。

精神病の特徴

精神病意味は、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経の平衡が崩れた時に、色々な不調が体に起こるもので、日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されています。

自律神経は血管、リンパ腺、内臓など、自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことで、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経です。

原因としては、交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをし、人間の体では凡そ12時間交代でこの二つの 神経の優位が入れ替わるとされているが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わ りのバランスが崩れ、精神病となるとされています。

精神病の特徴としては、色々なび病状があり、目眩い、精神病幻聴、冷や汗、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、血圧が激しく上下、立ち眩み、耳鳴り、吐き気、目眩、平熱よりわずかに高い熱、過呼吸、生理不順といった身体病状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な病状が現れることも多く、病状は多岐に渡ります。

精神病治療法しては、薬物療法や睡眠の周期を整える行動療法などの心理療法が行われるが、マッサージやカウンセリングなどが有効な場合もあり、また、自律訓練法を用いて心因的ストレスを軽減させ、病状を改善させる方法もあるが、治療は心身の両面から柔軟に行うことが必要とされます。

オススメサイト

<勃起不全薬情報大公開>注目なレビトラ市販販売情報